小児歯科

乳歯は、非常に重要な役割を果たしています。正しい食べ物の食べ方をマスターしたり、正しく発音したりするためには、健康な乳歯が必要です。しかし小さな子どもが自分自身で歯のメインテナンスをすることは難しいため、保護者がしっかりフォローしてあげる必要があります。野田市七光台のアール歯科では保護者の皆さんと協力して、子どもの健康な歯の成長をサポートしてまいります。

小児歯科の特徴

当院では、小児歯科の治療を行っています。子どもの乳歯は大人の永久歯と比較して虫歯になるリスクが高いので、予防が非常に重要。まずは歯科医院に良い印象を持ってもらえるよう、お子さんが通いやすくなるような工夫をしています。

おもちゃのプレゼント

診療が終わった時にご褒美としておもちゃのプレゼントを実施しています。子どもの中で「歯医者さんは怖いところ」というイメージを持ってしまっているケースは多いようです。そこでおもちゃのプレゼントをすることで、歯医者に対していいイメージを持ってもらうことを第一に考えております。

キッズスペース

治療まで多少の時間がかかってしまいます。その間に子どもが退屈しないようにキッズスペースを用意しています。待ち時間はキッズスペースで子どもを遊ばせることができますので、お子さん連れでも安心してお越しください。

小児歯科メニュー

シーラント

6歳くらいで生えてくる6歳臼歯という奥歯には、複雑で深い溝があります。ここに食べかすが詰まってしまうと、なかなか日々の歯磨きでは取り除くことが難しくなります。その結果、虫歯になるリスクがどうしても高まってしまうのです。

そこで、この溝にプラスチック素材を詰めて汚れが溜まりにくくする処置「シーラント」を行います。シーラントは、乳歯や生えたての永久歯などに対して有効な処置です。子どもの虫歯予防に高い効果が期待できます。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布する処置です。フッ素には、歯質を強化して細菌の繁殖を抑制する効果があります。定期的にフッ素塗布をすることによって、虫歯の予防効果を高めることも可能です。甘みがあるペースト状のフッ素を使うため、お子さんにも嫌がらずに処置を受けていただけます。

仕上げ磨きを大切に

子どもにブラッシングの習慣をつけることはもちろん大切です。しかしお子さんが10歳くらいになるまでは完璧なブラッシングを期待することは難しいでしょう。そこで重要なのは、親御さんの仕上げ磨きです。仕上げ磨きでフォローすることで、ケアの精度が高まります。また親子のコミュニケーションも活発にできるメリットも期待できます。

当院では、子どもの口に合わせて仕上げ磨きを適切に行うことはもちろんのこと、歯ブラシをどのように選べばいいか、生活習慣面で気を付けるべきことに関してていねいに指導しております。仕上げ磨きについて何かわからないことがあれば、お気軽におたずねください。