予防歯科

皆さんは歯医者にどのタイミングで通院なさるでしょうか? 多くの人は、歯に痛みを感じてからではありませんか? しかし注意したいのは、虫歯や歯周病の初期症状はあまり出ない点です。治療ももちろん大切ですが、予防をすることがもっと重要です。自分の歯の健康を維持するためには自覚症状がなくても、定期的な健診を受けることが一番です。

定期検診の重要性

歯医者で予防処置を受けることで、歯の病気にかかるリスクを軽減できます。しかしそうはいっても一度受けただけでまったく歯の病気にかからなくなるわけではありません。日々のブラッシングなどのセルフケアと並行して、歯の定期検診を受けることがとても重要なのです。

野田市七光台のアール歯科では、3~6か月に1度のペースで定期検診のお知らせをするためのリコールカードを送付しております。期間に幅があるのは、患者さんの口腔内の症状や年齢、咬み合わせを見てベストの時期を判断させていただいているからです。

フッ素塗布・ブラッシング指導・PMTC(保険と自費のクリーニング)

アール歯科では、歯の病気にならないための予防歯科を以下の方法で行っております。

ブラッシング指導

しっかりブラッシングをしているつもりでも、どうしても磨き残しはあるものです。そこで正しいブラッシングの方法をマスターする必要があります。アール歯科では歯科衛生士が患者さんの年齢や歯並びなどを見て、最適なブラッシング方法を指導いたします。

その他にも、歯間ブラシやフロスを使うことで、より徹底的なブラッシングが行えます。歯間ブラシやフロスの使い方などについても指導を実施しております。

PMTC

ブラッシングを毎日行うことは重要ですが、歯と歯茎の間や歯の裏はなかなか自分では除去しにくいものです。そこで普段のブラッシングでは除去できない歯垢や歯石を取り除くのが、PMTCです。PMTCはあくまでもクリーニングなので、施術中に痛みの発生することはありません。歯の着色を落とすことも可能なので、見た目がきれいになったり、口臭の予防効果が期待できたりします。

フッ素塗布

フッ素を歯の表面にコーティングする施術です。フッ素には虫歯を抑制する効果があります。歯質を強化することで、虫歯菌が酸を出しても耐性ができます。綿球に塗布液をしみこませて、歯の表面に塗っていくだけの施術です。メスなどを使うわけでもないので、痛みもなく短時間で処置できます。永久歯以外でも乳歯に対しても施術が行えます。

歯肉マッサージ

歯肉をマッサージすることで、血行を促進できます。アール歯科では歯肉マッサージと呼ばれる施術で、歯の疾患の予防を行っています。専用のジェルを使って歯肉全体をマッサージしますので、痛みはありません。患者の皆さんからも「気持ちがいい」と評判です。歯肉に血行が戻ることで、歯ぐきがきれいなピンク色になるので、美容面でも効果大です。