Blogブログ 詳細ページ

Blog Blog インプラント治療ができないケースはある?対処法も解説!

こんにちは。千葉県野田市にある歯医者「R歯科・矯正歯科クリニック」です。

  • インプラント治療ができないケースはある?対処法も解説!

インプラント治療は「見た目が自然な義歯をつけたい」「なるべく周りの歯を削らず治療をしたい」という希望を叶えることができる治療方法です。外科手術を伴うため、顎の骨の状態や全身の健康状態によっては、できないことがあることをご存じでしょうか。

今回は、インプラント治療ができないケースとその理由、治療ができない場合の対処法について詳しく解説します。

 

インプラント治療とは?

 

インプラント治療とは、失った歯の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せて歯を補う治療方法のことです。歯を補う治療方法には、インプラントの他、入れ歯やブリッジがあります。

入れ歯は取り外し可能な人工歯で、総入れ歯と部分入れ歯があります。部分入れ歯は、隣の健康な歯に金属のバネをひっかけて固定して使用します。

また、ブリッジは両隣の歯を削って土台として、歯がない部分に橋を架けるように被せ物を装着します。ブリッジは接着剤で固定するため、一度つけたらご自身で取り外しはできません。

インプラントは、これらの治療法にはない人工歯根から形成するため、外科手術が必要になります。入れ歯やブリッジは1ヶ月程度で治療が完了するのに対し、インプラントは半年から1年程度の治療期間がかかります。

その分費用は高額になりますが、審美性や機能性に優れており、使い方によっては10年以上使用できるケースもあります。

インプラントのメリット

インプラントのメリットは、以下のとおりです。

・天然歯のような噛み心地を得られる
・顎の骨が痩せることを防げる
・審美性が高い
・周りの歯に負担がかからない

天然歯は、目に見えている歯の部分と、歯茎の中にある歯を支える歯根から成り立っています。インプラントでは歯茎を切開して人工歯根を顎の骨に埋め込むため、歯を失っても天然歯と同じような感覚でしっかり噛めるのです。

また、歯を失うと顎の骨に負荷がかからなくなるので、次第に骨が痩せていきます。インプラントでは顎の骨に人工歯根を埋めるので、刺激が顎の骨に伝わり、顎の骨が痩せることを防げます。

審美性が高いことも、インプラントのメリットでしょう。インプラントの人工歯部分には、セラミックなどの素材が使われることが多いです。

セラミックは陶器の一種で、天然歯に近い自然な光沢と透明感があります。周りの歯に馴染み、自然に仕上がるでしょう。

ブリッジや入れ歯では、隣接する歯を削ったり、バネをひっかけたりする必要があります。インプラントは周りの歯に影響を与えずに、独立して治療が可能なため、周りの健康な歯に負担をかけません。

インプラントのデメリット

メリットについてご紹介しましたが、インプラントにはデメリットもあります。

・費用が高額
・治療期間が長い
・インプラントができないケースがある

まず挙げられるのは、費用でしょう。インプラントは基本的に健康保険が適用されない自由診療のため、1本あたり30〜40万円程度の費用がかかります。ブリッジや入れ歯と比べ、費用が高額になるのです。

治療期間が長いこともデメリットといえます。インプラントの治療期間は4〜6ヶ月程度と、ほかの治療方法に比べると長いです。

治療期間が長い理由は、埋め込んだインプラントと顎の骨が結合するのを待つ期間が必要だからです。すぐに治療を終えたい方や、定期的に通院できるか不安な方には、あまり向かない治療方法でしょう。

また、インプラントは外科手術をともなうことから、治療が受けられないケースがいくつかあるので注意が必要です。

 

インプラント治療ができないケースはある?

 

  • インプラント治療ができないケースはある?対処法も解説!

上述したとおり、インプラント治療ができないケースがあります。

・顎の骨の量が不足している
・歯周病の方
・妊娠中の方
・未成年の方
・高血圧の方
・糖尿病の方

一つひとつ解説していきます。

顎の骨の量が不足している

顎の骨が薄かったり量が不足していたりすると、インプラント治療ができないことがあります。骨の量が不足しているとインプラントと骨がしっかり結合できず、うまく固定されないことがあるからです。インプラントの脱落につながる恐れもあります。

骨粗しょう症を患っている方は骨の密度が低いため特にリスクが高く、インプラント治療ができないことが多いです。

歯周病の方

重度の歯周病の場合、歯を支える歯槽骨が溶けている可能性があります。インプラントを埋入するための骨の量が足りなかったり、骨とインプラントの結合がうまく進まなかったりする可能性が高いので、インプラント治療を避けるケースがあります。

妊娠中の方

インプラント治療では、レントゲン撮影・麻酔・外科手術・投薬などを行います。母体や胎児への影響が全くないとは言い切れません。

また、体調が安定しない妊娠中は、長時間仰向けの体勢をとることや、口を開けたままにすることで気分が悪くなる方も多くいます。そのため、妊娠中の方のインプラント治療は避ける歯科医院が多いです。

未成年の方

未成年の場合は、顎の骨がまだ成長段階にあり、インプラント治療開始時と最終段階で顎の大きさや形が変わることがあります。成長にともない噛み合わせが悪くなったり、インプラントの位置がズレたり、インプラントに影響を及ぼすかもしれません。

また、埋め込んだインプラント体が顎の骨の成長を妨げる可能性もあります。年齢の規定があるわけではありませんが、成人の方を治療対象とする歯科医院が多いです。

高血圧の方

高血圧の方がインプラント治療をすると、手術の際に緊張や恐怖から血圧が上がるリスクがあります。また、血液をサラサラにする薬を服用している場合は、手術時に血が止まりにくくなるため、インプラント治療の前は服用を中断しなければなりません。

そのため、重度の高血圧の方は治療が難しいケースがあります。

糖尿病の方

糖尿病の方は免疫力が低下しているため、手術後の傷口から細菌感染を起こしやすいです。また、糖尿病の影響で血管が細くなっていると、傷口に酸素が届きにくいため、傷の治りが遅れるなどのリスクもあります。

そのため、糖尿病の場合はインプラント治療ができない可能性があります。

 

インプラント治療ができない場合の対処法

 

  • インプラント治療ができないケースはある?対処法も解説!

インプラント治療ができない場合の対処法を見ていきましょう。

骨造成などを行う

骨粗しょう症の方や骨の量が足りないと判断された方でも、骨造成などの治療を行って新たに骨をつくることで、インプラント治療が可能になる場合があります。骨を増やす治療にはいくつか種類があるので、歯科医師と相談しながら適切な治療を行いましょう。

歯周病の治療を先に行う

軽度の歯周病の場合、歯周病の治療を先に行って口腔内の状態が良くなれば、インプラント治療ができることがあります。重度の歯周病を患っており骨が大きく溶かされている場合は、骨を増やす治療が必要だと判断されることもあるでしょう。

出産後に治療を検討する

妊娠中の方は、出産を終えて体調が安定してからインプラント治療を検討しましょう。出産を終えて落ち着くまでは、部分入れ歯などで歯を一時的に補って対応してください。

成人になるまで代替治療を行う

未成年の方は、顎の骨の成長が完了するまでインプラント治療を待ちましょう。部分入れ歯などをして、一時的に歯を補うという対処法もあります。

担当医と相談し代替治療を検討する

持病がある場合は、担当医と歯科医の両方と連携をとり、インプラント治療が可能か相談しましょう。

インプラント治療が難しいと判断された場合、歯を補う治療としては入れ歯やブリッジの選択肢があります。どちらも外科手術は不要で、多くの歯科医院で行われている一般的な治療です。

持病があっても治療可能な場合が多いので、一度歯科医師へ相談してみましょう。

 

まとめ

 

  • インプラント治療ができないケースはある?対処法も解説!

ンプラントはさまざまなメリットがある治療方法ですが、治療を受けられないケースがいくつかあります。持病のある方や、骨の量が不足している方、歯周病の方は特に注意が必要です。

担当医と歯科医師と相談して投薬をコントロールしたり、骨の量を増やす治療を行ったり、適切な対処を行えば治療ができることもあります。「インプラント治療はできないかも」と不安に思っている方も、一度歯科医師に相談してはいかがでしょうか。

インプラント治療を検討されている方は、千葉県野田市にある歯医者「R歯科・矯正歯科クリニック」にお気軽にご相談ください。