インプラント

歯を失ってしまった場合、そのまま放置してしまうと隣の歯が傾いてしまったり、かみ合う歯が伸びてきたりするなど、噛み合わせに悪影響をもたらします。また、顎関節症や虫歯などを引き起こすリスクが高まってしまいます。そこで抜歯などをして歯を失った場合には、歯を埋める施術が必要になります。その中で最近注目されているのが、インプラントです。

インプラントメリット・デメリット

メリット

  • 審美性が高く、天然の歯と区別がつかないくらいの仕上がり
  • 自分の歯のような感覚で食事を楽しめる
  • 周囲の歯を削るなどの治療の必要がない
  • あごに噛む力を直接伝えられるので、あごの骨が痩せにくくなる
  • ブラッシングなど、いつも通りのお手入れだけで済む
  • メインテナンスをしっかりと行えば、長期間連続装用も可能

デメリット

  • 自由診療のため全額自己負担となり、治療費がかかる
  • 外科手術を伴う大がかりな治療になる
  • 治療期間が長期化してしまう

インプラントにはこのようにメリットとデメリットが両方あるので、治療するかどうかは慎重に判断する必要があります。しかし長期的に見てみた場合、インプラントをした方がメリットは大きいといえます。アール歯科では、インプラントの治療も必要に応じて実施しています。興味のある方は気軽にご相談ください。

安心安全のための取り組み~CT~

アール歯科では、安心・安全なインプラント治療を実施するために、いろいろな試みを実施しています。歯科専用のCTスキャン(当法人グループ内)を利用することで、患者さんのそれぞれに合った治療計画を立案してまいります。手術前にCTスキャンを実施することで、精密に歯や歯茎、あごの骨の状態を診断し、適切な治療計画を策定していきます。手術前には治療計画を患者さんに提示することで、皆さんも自分の症状を納得していただいた上で治療を実施していきます。

インプラントはメインテナンスが大切です

インプラントはそもそも、チタンとセラミックで作られています。このため、インプラント自体が虫歯にかかることはありえません。しかしインプラントの周辺にあるあごの骨や歯茎はもちろん、患者さん自身のものです。もしメインテナンスやブラッシングが不十分であれば、インプラント周囲炎という病気を発症する恐れがあります。インプラント周囲炎をそのまま放置してしまうと、あごの骨が溶けてしまって、インプラントが外れてしまうこともありえます。

このようにインプラントは手術をすれば完治する、といった簡単な治療ではありません。定期的に口腔内のチェックをして、適切なクリーニングを行うといったメンテナンスをしっかりと行う必要があります。アール歯科では、できるだけ長くインプラントを利用できるように、日ごろの正しいブラッシング方法の指導や定期検診をお勧めしております。インプラントといっても、皆さんの天然の歯と一緒という感覚を持って、コンディションを保つことが重要なのです。

当院インプラントの特徴

All-on-4(オールオンフォー)

インプラントで世界的にも権威のある、Dr.PauloMalo(パウロ・マロ)の運営するマロ・クリニックによって開発されたAll-on-4は、4本のインプラントで最少8本の歯を1日で入れることが出来ます。

噛む機能だけでなく、見た目の審美性も回復する今までにはない最先端のインプラント治療です。他院で断られた場合でもお気軽にご相談ください。

All-on-4(オールオンフォー)

All-on-4(オールオンフォー)

SMOP(インプラントガイドシステム)

SMOPとは、口腔内でインプラントを埋入する際のCT診断によるシミュレーションを再現できるインプラントガイドシステムで、正確な埋入が行えます。このインプラントガイドシステムにより、フラップレス手術(切開や抜歯の必要が無い治療)が可能なため、患者様の負担が大いに軽減されます。

SMOP(インプラントガイドシステム)

SMOP(インプラントガイドシステム)

入れ歯

入れ歯作りのプロ・技工士が在籍しています

野田市七光台のアール歯科では、専属の歯科技工士が皆さんの入れ歯を作成しております。皆さんの口の状態を直接拝見して入れ歯の製作を行いますので、より皆さんにマッチした、精密な入れ歯を作ることが可能です。

入れ歯の特徴

入れ歯のメリット

費用が安い
保険適用の入れ歯は、治療費の3割負担で作れます。自由診療の入れ歯も、インプラントに比べると安く済みます。

手術を必要としない
インプラントは手術が必要ですが、入れ歯は手術は不要です。全身疾患にかかっている方やご高齢の方でも、安心して治療を受けられます。

短期間で治療
手術が不要でかつ複雑な治療ではないため、短期間(1ヶ月程度)で治療が完了します。

取り外しできる
入れ歯は、取り外しのきく補綴治療です。日ごろのメインテナンスもしやすいですし、修理や調整も手軽に行えます。

入れ歯のデメリット

見た目があまり良くない
留め金のばねが露出することで審美性に問題が生じることがあります。特に部分入れ歯を使用した時に顕著です。

周囲の歯を傷つけるリスク
部分入れ歯だと、ばねに歯をひっかけて固定する必要があります。このため、周囲の歯に負担がかかり、傷つけることもあります。

硬いものが食べにくくなる
本物の歯と比較すると、入れ歯は噛む力が落ちます。このため、固い食べ物が噛みづらく感じてしまうことがあります。

異物感がある
慣れない間は、歯に異物感を覚えることがあります。異物感があると、うまく発音ができなくなってしまうこともあります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯には保険適用のものと適用されないものがあります。当院では、保険のあるなしを問わず、皆さんにぴったり合う入れ歯の提供を行っております。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
素材 レジンのみ レジンを含めたすべての素材
費用 割安 割高
見た目 自費の入れ歯に劣る 自然な見た目
装着感 分厚いため、違和感がでる 違和感が少ない

当院の取り扱い入れ歯メニュー(レジン床・金属床・ナチュラルデンチャー)

レジン義歯

入れ歯と歯茎が直接当たる部分のことを床といいます。この床のすべてがレジン(歯科用プラスチックの一種で作られているものを、レジン義歯といいます。保険診療なので、費用は安く済むメリットがありますが、構造上少し厚みが出てしまうので、味覚が鈍くなる、異物感が出るといったことがあります。また審美性や強度の部分でもほかの入れ歯と比較すると、少し劣ります。

金属床義歯

床の部分を金属で制作している入れ歯のことです。レジンと比較すると、床の部分をより薄くできますので軽く、異物感があまり出ません。また金属なので丈夫です。衛生的で雑菌も繁殖しにくいですが、自由診療となります。

ナチュラルデンチャー

通常入れ歯を固定するために金属のばねが必要なのですが、ナチュラルデンチャーはバネのない入れ歯になります。半透明の樹脂で作られているので、入れ歯をしていることが周囲にはばれず、審美性の高いのがメリットです。ナチュラルデンチャーも自由診療になります。